それはそれ、これはこれ

気になったニュースを取り上げています。
たまに趣味の記事も上げています。
気軽に見てくだされば幸いです。


    【動画はこちら】

    栃木県での出来事が話題になっています。母親に車をねだり、逆に叱られた48歳の男がかっとなって自分の部屋に灯油を撒き火を付け逮捕されました。

    この事件に対し、ネット上では「甘えすぎ」「48歳の人間がやることか?」「甘やかして育てた親にも責任はある」などのコメントが寄せられています。

    近頃子供のような大人が増えているような気がします。。

    【動画はこちら】

    甘えすぎ、、母親に車をおねだりして買ってもらえなかった48歳の男。自宅に火をつけ逮捕される!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【甘えすぎ、、母親に車をおねだりして買ってもらえなかった48歳の男。自宅に火をつけ逮捕される!】の続きを読む


    公衆トイレトイレットペーパーリボン結びにする行為に、「不衛生」などといった批判が寄せられ物議を醸している。

    画像をもっと見る

    「公衆トイレに入ったらトイレットペーパーリボン結びされていたんですが、絶対にやめて欲しい…」——前の利用者によってリボン結びのように細工されたトイレットペーパーを目撃したTwitterユーザーは、こう注意を呼びかけ、「用を足した後、洗っていない手でわざわざ無駄にペーパー出してこれをやることに非常識さしか感じなかった…」と訴えた。


    この投稿をきっかけに公衆トイレトイレットペーパーを細工する行為には批判が殺到。感染などの衛生面を気にする声や、次に使う人への配慮がないといったコメントが寄せられている。

    「三角折り同様ノロウイルス感染防止のためにもやめて頂きたい行為」

    「これ手洗わずにやってるんだよな」

    「衛生的に悪いので辞めて欲しい」

    「不衛生だしこんな作業のためにトイレに籠るのも迷惑」

    「こういうのは客観的に見てどう思われるかとか考えた上で行動に移して欲しい」

    「こんなことしてないではやくその個室譲って欲しい…」

    「折った紙は使い物にならないんだから資源の無駄」

    「家でやる分には別に良いんですけどね……。なぜにわざわざ外でやるのか」

    「子供もお年寄りも身体の不自由な人も使う公共の場所だって認識が無さ過ぎ」


    一方ネット上には、「女子力トイレでも発揮する時代」などとリボンの作り方などを紹介する記事も複数存在。自宅のトイレでの楽しみ方として紹介するものもあれば、「女子力の高さを見せるべく」と他の人も使うトイレでの細工を勧めるようなものもある。これらの記事に対しても、「『女子力で負ける』『次の人のためにもなる』とか発言が異次元すぎ」「トイレで発揮すべき女子力というかマナーとは、次の人のために清潔な状態を保ちつつ迅速に用を済まして出る事であって余計な工作をすることではない」といった批判が多く寄せられている。


    画像提供:凌選手 (@m_om_oi)さん


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【トイレットペーパーのリボン結び、「不衛生」と物議 ネット上には「女子力発揮」と勧める記事も】の続きを読む


    春日俊彰モデルプレス=4月18日お笑いコンビオードリー春日俊彰が、18日放送のTBS系バラエティー番組「ニンゲン観察バラエティモニタリングSP」(よる8時~※一部生放送)にて、交際していた一般女性のクミさんと結婚したことを発表した。

    【さらに写真を見る】オードリー春日俊彰が結婚!<TGC2019S/S>

    オードリー春日俊彰、恋人・クミさんとの11年愛

    この日の番組では、春日を支えた恋人・クミさんと交際するまでの経緯を再現。3月25日プロポーズまでの120日間を密着した様子が放送された。

    そのなかで、これまで5年間の交際だと公言してきたが、実はオードリーM-1グランプリに出場した11年前(2008年)から交際していたことが発覚。

    その理由は、交際を始めたばかりの頃に週刊誌に撮られてしまった2人。その後春日は、一般人であるクミさんがマスコミに追われることのないように、報道陣や相方である若林正恭にさえも嘘をつき、クミさんを守っていたのだということがわかった。

    オードリー春日俊彰、恋人・クミさんにプロポーズ

    さらに春日は、国民的歌手・ゆずとのコラボレーションも決行。『栄光の架橋』のピアノ演奏を特訓。練習では苦戦している様子だったが、本番は、これまでで1番の演奏を見せた。

    そして、クミさんの憧れでもあった場所、教会へ。春日は、クミさんへ初めて贈るという手紙で「結婚で何かが変わるのが怖かった。長い間待たせてごめんね。これからも携帯をいじって、ハイボールを飲んで寝るだけかもしれないけど、焼き肉食べ放題かもしれないけど、プレゼントは中古かもしれないけど、温泉は特急を使っていきましょう。この先の普通の日を一緒に普通に過ごしたいです。結婚してください」と涙ながらに想いを伝え、10年越しのプロポーズ。クミさんも「10年待ったかいがありました」とプロポーズを承諾した。

    また、鼻水を垂らして号泣している神父姿の若林が登場。モニタリングとして若林が春日を驚かせるつもりが、「変化を嫌う人だから、勇気が必要だったんだなって…」と若林が春日への愛を語るまさかの展開に。見かねたゆずも登場し、「どういう状況!?」とツッコんだ。

    オードリー春日俊彰モニタリング」で生報告

    そして、生放送が行われていたスタジオでは、春日のサプライズプロポーズの様子を見守っていた共演者ら。春日を祝福し、小泉孝太郎は「平成最後の幸せを春日さんにいただきました」と笑顔を見せた。

    また春日は、新婚旅行について「中央線に乗ろうかな」とボケ、新居についても「新居も探したいですが、時間がかかるのでしばらくはむつみ荘です」と明かした。(modelpress編集部)

    情報:TBS

    Not Sponsored 記事】

    春日俊彰 (C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【オードリー春日俊彰が結婚「モニタリング」で生報告 11年の愛が成就】の続きを読む


    Image: Ubisoft North America/YouTube

    またしても『アサクリ』が世界に貢献か?

    パリの世界遺産ノートルダム大聖堂が改修工事中に発生した大火事で一部が焼け崩れつつあり、世界が驚きと悲しみに包まれています。

    さっそく大富豪たちからの寄付で復興が叶いそうではありますが……資金があるだけでは元通りになりません。設計図にも匹敵する、精巧なデータがあってこそ、よりカンペキに近い形で再建できるのです。

    3Dデータは2種類ある

    ほんの数年前にレーザースキャナーが用いられ、博士課程の学生と歴史家によって詳細な3Dマッピングのデータが作られていますが、実はほかにも使えそうなデータがあるとSFGATEは伝えています。

    それが2014年に発売されたゲームアサシン クリード ユニティ』。これはフランス革命中のパリを舞台とし、暗殺者アルノ・ドリアンが街を縦横無尽に駆け巡るというものです。

    DESTRUCTOIDによりますと、このゲームの制作に当たり、UbisoftレベルデザイナーCaroline Miousseさんが、2年の歳月をかけ、歴史家の監修の下で石のひとつひとつまで正確にデータを取ったのだそうです。またThe Vergeいわく街並みや地下のトンネルなども、とてもリアルに再現されているとのこと。ゲームにはそうしたデータがバッチリ反映されていますが、それらの元データを使えば寺院の再建にかなり役立つことでしょう。

    確かに、これらふたつの精巧な3Dデータと現代の建築技術があれば、ノートルダム大聖堂を造るのに182という膨大な年月をかけずに済むかもしれませんよね。

    以前にも考古学に貢献

    アサシンクリード』といえば、かつてGoogle TensorFlowで「ヒエログリフの解読を簡略化する人工知能研究プロジェクト」を立ち上げたことがあり、象形文字を瞬時に翻訳しようという試みが行なわれたことがありました。Ubisoftクラフトマンシップが、またひとつ人類の役に立つかもしれません。胸アツですね。

    Source: SFGATE, NATIONAL GEOGRAPHIC, YouTube, The Verge, DESTRUCTOID



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ゲーム『アサシンクリード』で作られたデータがノートルダムの大聖堂の復元に役立つかも?】の続きを読む


    統一地方選挙期間中、各地で街宣車が走る光景を目にしますが、2016年3月より函館・入舟漁港内に喫茶店を構えているのらいぬさん(@norain_u)が、選挙カーに呼びかけられた際の猫の様子をツイート。「かわいい」という反応だけでなく、表情から気持ちを想像する返信が多数寄せられていました。


    選挙カーに、ネコチャンたちもありがとうございます!と言われた方々

    のらいぬさんによると、四匹とも自身が飼っている猫たちで、名前は左からキーちゃん、QB、ハマコー先生、サブ北島とのこと。筆者的には、ハマコー先生が「誰に向かって言ってるんじゃい!」という顔をしているように見えますが、別のユーザーは次のようにツイート


    声援してない雰囲気がww
    やかましい!思ってそう。

    また、昼寝の邪魔をされて「怒ってそう」という声も。


    猫「うるせぇよ。昼寝の邪魔しやがって。猫パンチ食らわすぞ。」
    って顔してますね

    函館は川村元気さん原作の映画『世界から猫が消えたなら』のロケ地のひとつで、のらいぬさんの喫茶店もそのエリアにあり、映画に登場した猫たちがいるとのこと。野良猫の性質について「呑気な子が多いですね」とコメントしてくれました。猫がたくさんいるだけに、選挙カーのスタッフもついつい呼びかけてしまったのでは? 残念ながら選挙権はありませんが……。

    ※画像は『Twitter』より
    https://twitter.com/norain_u/status/1117955876201959425 [リンク]

    ―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』
    「応援してなさそう」「怒ってる?」 選挙カーに「ネコチャンたちもありがとうございます!」と呼びかけられた表情がじわじわくる


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「応援してなさそう」「怒ってる?」 選挙カーに「ネコチャンたちもありがとうございます!」と呼びかけられた表情がじわじわくる】の続きを読む


     福岡県新宮町の小学校前の県道に停止線を模した白線を引いたとして、福岡県警が昨年7月、同校の50代の男性校長を道交法違反容疑で福岡区検に書類送検していたことが明らかになった。校長は町教育委員会に「職員の車や坂道を走り下りた児童が信号待ちの車に衝突する危険があると思い、白線を引いた」と説明したという。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    校長が小学校前の県道に勝手に引いた停止線(手前左)。奥は本来の停止線=福岡県新宮町で2019年4月18日午後4時34分、宮原健太撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【小学校前の通学路に“停止線” 福岡の校長を書類送検】の続きを読む


    北朝鮮朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、日本による朝鮮半島支配を巡る鳩山由紀夫元首相の発言に言及し、日本に過去清算を求める論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    (参考記事:「日本軍が慰安婦を虐殺した映像ある」北朝鮮メディア報道

    論評は、「最近、元日本首相の鳩山が記者会見朝鮮半島の分裂に大きな責任がある日本が自分の役割を果たさなければならないと主張した」「鳩山は、当局が朝鮮半島の平和の雰囲気に水を差す邪魔者の役をしていることについて批判し、強制徴用と性奴隷問題などに対しても謝罪しなければならないと述べた」などと指摘。

    これは日本当局に与える「忠告」であるとしながら、「(過去清算の)時間を延ばすほど、罪はもっと大きくなる」と主張した。

    2018年11月16日、韓国・高陽市で行われた大会で演説する鳩山由紀夫氏(韓国写真共同取材団)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「朝鮮半島の分裂、日本に責任」北朝鮮紙、鳩山発言を引用】の続きを読む



    「残さず食べよ」と学校給食で教えられたことが、今、子供たちを苦しめている。教師からの圧力、クラスメートからのいじめ……楽しいはずの「給食」の世界が地獄に変わる瞬間とは?



    ◆脈々と続く“昭和の美徳”は過去の遺物に



     一昨年9月、岐阜市内の小学校教諭が担任するクラスで給食を残さず食べるよう指導し、児童5人が嘔吐していた問題が起きた。また、ツイッター上には「#給食」と並んで「#完食指導」という言葉も躍り、教師の行きすぎた指導が各地で後を絶たない。昭和にあった「残さずきれいに食べましょう」の美徳文化が時代を超え、陰湿さを増して今なお残っている。子供たちが楽しく給食を食べられる空間は、大きく歪められようとしている。



     この春から都内で新3年生になったAくん(8歳)は、元来、明るく闊達な子だった。幼稚園から1年生にかけてこれといった問題はなく、毎日の学校生活を楽しんでいた。Aくんに異変が起きたのは昨年の春だ。



    「2年生に進級してすぐ、『担任の先生が給食を残さず食べた子の名前を言って褒めてた。残した子の名前も言われた』とクラスの様子を話してくれたのが始まりでした」とAくんの母親は振り返る。



     新しい担任教諭は、給食を残さず食べる指導に強いこだわりがあった。保護者面談のときに理由を尋ねたが、明確な回答は得られなかった。



     早生まれで小柄なAくんは、食べる量が多くない。個人差を無視し画一的に完食を推奨する給食の時間は、Aくんから次第に笑顔を奪っていく。



     給食の時間を極度に嫌がるようになったAくんは、5月になると登校を渋るようになった。「イヤだ、学校に行きたくない」と泣き叫ぶAくんを父親が肩に担いで登校班の集合場所まで連れていったこともあった。



     Aくんの父親は「給食の時間が苦しかったなんて、自分の経験からは想像できなかった。何が嫌なのかを聞いてあげればよかった」と後悔の念を滲ませた。小学校低学年の語彙力では「給食を食べられない」という生理的なニュアンスは「好き」「きらい」「イヤだ」など、大きな言葉に括られて埋もれてしまう。親であっても心の機微を把握するのは難しく、子供にとっても言語化するのは簡単ではない問題だ。



     Aくんは毎日泣きながら「給食完食主義」と闘っていたのだ。



    ◆“担任王国”の権力者による人権侵害



     小学校で23年の教員キャリアを持つ教育評論家の親野智可等(おやのちから)氏は「Aくんのケースこそ閉ざされた密室で行われた“担任王国の権力者”による人権侵害、これは暴力です」と指摘する。



     Aくんの母親は連絡ノートを使って、我が子の苦しみを担任に訴えた。「給食を残した子の名前を呼ばれるのが嫌だと言っています」と伝えたとき、驚いたことに担任の教諭は「残した子の名前は言っていません」と抗弁したという。



     教員としての評価が欲しかったのだろうか、近所に住むクラスメートのBさんも「給食の時間内に食べないと、居残りになるから怖かった」と怯えながら給食の時間を過ごしていたことを教えてくれた。



    「食べる食べないは本人の意思。楽しくおいしくが優先されない給食の時間は悲しい。残すのは絶対不可。こんなことが数十年来続いているんです」と親野氏は嘆く。



    「食べ終わるまで席を立たせない」という指導は昭和の時代そのもので、食が細い児童は給食の時間が終わった昼休みの時間まで残されたこともあるというから驚きだ。



     ここには学校教育の問題点が見え隠れする。教員の多くは「自分自身が家庭で受けた食事教育」「自分が小学生のときに受けた給食指導」を自身の指導に反映しがちだという専門家の調査研究論文が出ている。しかしながら、教員を志す大学生に「食育の授業」を施している大学は全国で4分の1程度。その矛盾が大きなひずみを生み出しているという。



    「教師の多くは、始業の時間は厳しく守るくせに、終業の時間は守らないのが“教育界の不思議”です。1分の超過が“熱心な指導”と評価される風潮がある。給食完食指導もその一環と捉えられます。私の教員時代は平均20分の給食の時間を、25分は取るよう工夫をしていました。



     給食の前の4時間目が体育や図工だと着替えや片付けがあって給食の時間に食い込んでしまいがちなので、授業の終了を早め、着替えや片付けを含めて時間内に終わる努力をして、給食の時間は確保するようにしたものでしたが」と、親野氏は、今の教師の、評価第一主義による、余裕のなさがこうした事態を生むひとつの原因と分析する。



    ◆登校拒否や拒食症、うつ気味で体重も減少



     Aくんは2学期になると、周囲からの助言などもあって多少の変化は見られたものの、担任教諭の「完食主義」は続いた。クラスメートの母親は「ウチの場合は2つ上のお兄ちゃんの2年前の担任だったので、給食を残さず食べさせる先生の指導法は想定済み。でも、事前の情報がないと、特に低学年の子は戸惑いますよね」と何年も前から問題の火種となっていたことを打ち明けてくれた。



     給食の時間を恐れるようになってしまったAくんは、学校を休みがちになり、さらには拒食気味→うつ症状→体重減の悪循環に陥った。体重20kgだったAくんは、短期間で3kgも痩せた。成長過程の小学生には酷すぎる話だ。我慢の限界を超えたAくんの両親に対し当該教師は「そんな指導はしていません」とシラを切り続けたというから驚きだ。



    「担任に訴えて解決に至らない場合は、問題意識を持っている学年主任の先生に相談するのがベストです。校長や教頭などの管理職は出世に絡む“事なかれ主義”で、児童を思いやる教員は少ないというのが正直な実感です」(親野氏)



     思い切って、Aくんの両親は養護教諭に相談し、改善の兆しが見えた。母親は胸をなでおろす。



    保健室の先生に相談して担任の視線が届かない別の空間(保健室フリー教室)で一緒に給食を食べてもらいました。安心して食べられる環境を整えてもらうことで、Aの出席率は大きく回復しました」



     学校では、全学年の給食を調理する「給食室」が、ある一定期間、クラスごとの給食の残飯量をチェックして「すっからかん賞」「もうひといきで賞」という表彰をしているという。「代々伝わる小学校の伝統」で、明確に完食を推奨しているものではないようだが、こうした「賞」の存在が担任にプレッシャーをかけたとも考えられる。



     3学期になると、養護教諭や学年主任の指摘が効いたのか、担任の対応には改善が見られたという。穏やかに給食を食べられるようになったことはAくんやクラスメートにとって吉報だったが、担任の態度が改善したあとも、給食を残した児童に対して「早く食べろよー」「ちぇっ、残してんなよ!」とクラスメートが舌打ちするなど、今度はいじめが始まったのだ。



    「完食主義」の価値観を刷り込まれた子供たちは、「給食を残す=悪」という思考に陥り、教師ではなく生徒が「相互監視」をするような状態になっていったという。



     親野氏はこう指摘する。



    「“密室の子供の中に大人がひとり”という圧倒的な権力で学級王国が築けてしまう体制こそが最大の問題点です。私は教育予算を増やし、教員数を増やすことを提唱し続けていますが、それは学力差に加え、個人差にも対応できるからです。欧米では担任に加えてアシスタント教師がいる複数担任制が一般的。どんな会社でも組織の弱みには予算を割き強化します。『しっかり教えろ』という抽象的な精神論ではなく、教育予算を増やし教師の数を増やせば、Aくんのような苦しみはなくなるはずです」



     ’17年5月~’18年9月、この問題に取り組む支援団体には、小中学校で教員に給食の完食を指導されたせいで不登校や体調不良になったとの相談が延べ1000人以上から寄せられた。完食指導が訴訟に発展した例もあり、事態はより深刻化の一途を辿っている。



    <取材・文/小島克典(スポーツカルチャーラボ) 写真/PIXTA>

    ※週刊SPA!4月16日発売号「恐怖の食ハラ[給食完食]主義」特集より





    ※写真はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【「給食を残す=悪」なのか? 小学校の「完食指導」で登校拒否も】の続きを読む


     米WIREDが4月16日に「Exclusive: What to Expect From Sony's Next-Gen PlayStation(独占:ソニーの次世代PlayStationに期待するもの)」との記事を掲載。その中で、「クラッシュ・バンディクーシリーズなどを手掛けたマーク・サーニー氏が、WIREDの取材に答える形で次世代の家庭用ゲーム機について言及しています。同記事はPlayStation公式アカウントでもツイートされており、単なるウワサ記事ではないことを裏付けるものとなっています。

    【画像:次世代ハードについて報じたWIREDの記事】

     記事によると、次世代PlayStationの開発キットは既に多くの開発者の元に渡っているとのこと。ただし発売時期については、2019年内にリリースされることはないとも。他にもサーニー氏は記事中、次世代ハードスペックなどについても触れています。

     ソニーが次世代ゲーム機の計画について、ここまで具体的にメディアの取材に答えたのは今回が初。記事中、ハードの名前については「next-gen console(次世代家庭用ゲーム機)」といった書き方にとどめられていますが、WIREDの記事では次のようにも書いています。

    「If history is any guide, it will eventually be dubbed the PlayStation 5(これまでの歴史通りであれば、それは最終的にPlayStation 5と呼ばれることになるでしょう)」

    マーク・サーニー氏(Wikipediaより/CC BY-SA 3.0)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ソニー、PS4の後継機にあたる次世代ゲーム機の存在に言及 米WIREDが報じる】の続きを読む


     Twitterが公式ブログにて、「リプライを隠せる機能」のテストを6月から開始すると発表しました。2月にユーザーアプリ解析から発見された機能が、いよいよ正式稼働へ。

    【その他の画像】

     自分のツイートについたリプライを指定し、「@xxxx(リプライの発信者)のツイートを隠す」を選ぶと、そのリプライが非表示になる機能。ミュートブロックのように実行したユーザーだけでなく、スレッドを閲覧する第三者からも見えなくなるのが特徴です。

     なお、隠されたリプライは、誰でも「隠された@xxxx(リプライの発信者)のツイートを表示する」を選べば見られます。スレッドの発言主が「都合の悪い反対意見」を隠すような使い方はできないため、会話の健全性は保たれると、開発者は見ています。

    心ないリプライを隠し、会話の流れを整理するといった使い方ができそう


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【Twitter、「リプライを隠せる機能」を正式発表 6月からテストを開始】の続きを読む

    このページのトップヘ